漫勉(清水玲子先生)の回見ました - Utanoartgallery(赤と青の林檎蜜)

漫勉(清水玲子先生)の回見ました 


Eテレの漫勉、清水玲子先生の回を見ました。私もなんで絵を描き続けているかと考えてみましたがやはり「上手くなりたいから」というのが一番の要因ではないかと思いました。旨い事の絵を見ると悔しくなるというか…何で私、こういう風に描けないんだろうかと考えてます。ただし、余り影響を受けないようにはしていますが。

影響を受けるとオリジナリティーがなくなるというか、変にこうでなくてはいけないとか頭の中で考えてしまうので凝り固まってしまうんですよね。昔は漫画とかも読みましたが最近は文字ばかり読んでます。文字の方が絵で浮かんでくるのを助けてくれるような気がするからですが…。

清水玲子さんの回を見て思ったのはやはりアナログも玉には描くのもいいかもという事ですかね。もうデジタルに移行して10年経つのですが最近、アナログとデジタルに対する皆様の格差というか考えの違いについても思い悩みますよね。アナログ民はアナログ民で私は差別的なことは思わないのですが…(;^ω^)ただ一つ言いたいのは、デジタルで描いて上手い人は対外アナログも上手いということでしょうかね…ある一定の水準をクリアーしていない場合は私はデジタルじゃ無くてアナログで修行するというのをお勧めしますね。これにはデッサンとかの問題も含まれてくるのですが。

私もデッサンは未だに狂いますのでデジタルで反転掛けて見直しながら描いてます。絵を描くのをいったん断念したのでアナログの道具とか一切持っていないからデジタルで描いてますが本当にペン線だけでもアナロクでとか思う時もありますよ。

デジタルでの髪の毛(長髪)等はペン入れ本当にアナログに比べて大変な作業なのでなるべく綺麗に見せようと何度もペン線やり直したりして時間食ってます。アナログの場合は勢いでざっとかける場合もあるのですが。クリスタに移行してからは最初はラスターレイヤーてペン入れしていました最近になってベクターレイヤーをやっと徐々に使うようになってきています。

個人的修行としてはまず『一本の線を綺麗にひけるようになる』というのを重視している私です。今は板タブで描いてますが、将来液タブというのがもっと価格が安くなった場合は導入してみたいと思っているのですが、液タブとかって使った事ないから解りませんが私の想像の中ではきっとすごいことになるんだろうなー等と思っています。とにかく今は液タブは値段が高いので手が出せませんね。我慢、我慢っと。

と言う訳で私が板タブ使って始めて描いた絵をちょっと置いておきますね、何度も線を繰り返し入れながら描いているのがよく解ると思います。Momongaというのは昔の私のハンドルネームです。
meteostrike.jpg

スポンサーサイト
 
カテゴリ : illustration
2017-03-04(Sat) | コメント : 0

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

utano765

Author:utano765
詩乃(うたの)と言います。デジタルでイラストを制作しています。委託販売の雑貨についてのお問い合わせは【ZAS】様の方へお願いします。

フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アルバム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR