去年の終わり頃に描いたモノです。 | Utanoartgallery(赤と青の林檎蜜)


これは過去絵になりますが、去年の終わりに描いた「インシェント」というドラゴンの化身の青年のイラストです。フルカラーで描いたモノをグラデーションマップという機能を使って赤い色に変化させたものです。

このグラデーションマップという機能はとても面白く便利な機能なので覚えておいて損はないと思います。私はグラデーションマップのレイヤーを色合いを落したりしながら調節します。

キャラクターのハイライトの部分はクリスタのジッター水彩というブラシを使って加算発光させています。これが中々の得意技でしてやっていても楽しい限りです。キャラクターを描くときは最初クリスタが解らない時にはラスターレイヤーでフリーハンドで板タブの直筆描きでペン入れとかしていました。最近はへクターレイヤーも使うようになったのですが(笑)

私の場合は全て下描きから全部板タブて描いていますので、ペーパーレスな作業になります。髪の毛のペン入れとか大変な部分もあるのですがこれからはドンドンとペーパーレス化が進むと思うので今から慣れていきたいと思い、10年前から板タブでの直筆画に移行しました。最初はやはりデッサンが崩れてしまって大変でしたけど、3日ぐらいでなれましたね。

板タブは今はSAKKAKUという板タブを使用しています。前はずっとWacomのINTUOSシリーズでしたけど去年の終わりに筆圧感知が2048まであるSAKKAKUという板タブに変えたばかりです。クリスタでの動作確認は出来ていたのでこの板タブを選ばせて頂きました。購入価格は4980円でした。(安すぎ)

WacomのタブレットINTUOS10はこの今使っている板タブが壊れた時ように大切に保存してあります。壊れた場合はまたINTUOSに戻るでしょうな…
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

女の子泣き顔

初めまして

comment iconコメント

コメントの投稿